FC2ブログ
2008-08-04(14:36)

ワールドハープコングレス イン アムステルダム

ただいま[:!:]
オランダの「ワールドハープコングレス」から帰国しました。

オランダに入る前にベルギーのブリュッセルに寄りました。電車


ベルギーにて①


ベルギーにて②


ベルギーにて③

ブリュッセルには「ハープ愛好家を広げる会」の会長、「さかえ屋」の社長中野氏のお嬢さんが、さかえ屋海外スタッフとしてブリュッセルに在住し、フランス語ペラペラで案内役をして頂きました。よろしく

超一流のフランス料理料理シャンパンシャンペン・ワインワイン・ビールベルギーの地ビールや、ケーキワッフル・チョコレートチョコレート店にベルギーのフライドポテトフライドポテト「フリッツ」(フライドポテトの発祥地)等、またグランプラス聖ミッシェル大聖堂等の観光地、小便子僧や小便少女(知る人ぞ知るということでちょっぴり恥ずかしい恥ずかしい)等、多くの貴重な体験をした2泊3日の旅でした。ハート


☆・・・☆・・・☆
オランダでの「コングレス」は雨が多く、時々顔を出す太陽もあっという間に隠れて、大変寒い3月下旬~4月上旬といった気候でした。冬


コングレスにて①


コングレスにて②

朝からのコンサートは夜の11時頃まで続き 各会場やコンサートホールを回るだけでも疲れましたが、大変意義のある演奏は、新しい刺激を与えてくれました。やる気

特に若い青少年のハープ演奏はこれからのハープ界の広がりとレベルの向上を象徴するものでした。



ワークショップ①


ワークショップ②

世界のハープワークショップの中でも日本の青山ハープが発表した楽器「さくら」(日本ではまだ未発売)は、やわらかい音色で弾きやすく、さくらが描かれたハープはまさに芸術品でした。桜

日本のハーピストでは、私の最初の師、井上久美子先生や、吉野直子さんの素晴らしい演奏を聞くことができました。うれしい



王立美術館


キンデルダイクの風車群


オランダでは一日だけは観光にあてロッテルダムの郊外にあるキンデルダイクの風車群(世界遺産)デルフトでは窯元を尋ね。デン・ハーグでは美しい街並とフェルメールのある王立美術館等旅してきました。市内ではアンネフランクの家、「飾窓の女」地域も見学しました。

帰国後、鼻水タラタラで寝込みましたが、さぁー また頑張って練習する気持ちになりました。きらきら
未分類コメント 0トラックバック 0

コメントの投稿

非公開コメント

Y's 音楽コーポレーション
見上ハープアカデミー お子様からご年配のかたまで無理なく楽しくレッスン
ハープ愛好家を広げる会「集いの会」
イベント情報
プロフィール

kenjoyuki

Author:kenjoyuki
見上 由紀
見上由紀はハープが奏でる音色、天使の声に魅かれハープの世界に入り込んでいきました。
どうすれば自分の人生でハープを生かせるだろうか。ハープ文化を広め、1人でも多くの人にハープのすばらしい音を聴いてもらいたいという考えから、これまで様々なイベントを行ってきました。
現在では演奏家としての活動の他、有限会社Y’s(ワイズ)音楽コーポレーションの代表として、様々なハープに関わる活動を展開しています。

☆見上由紀 | Y's音楽コーポレーションのオフィシャルサイトはこちら>>

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR