FC2ブログ
2013-01-25(15:31)

12月の出来事

尊敬する師との別れ

大晦日、ぼたん雪が風に舞う広島平和記念聖堂で、
恩師ローレンス・マクガレル前理事長の葬儀が、厳かに行われました。
涙が止まりませんでした。

その月に、広島のホスピスを訪れました。
お別れが近づいているという覚悟と同時に、
現実を否定したい気持ち、行き場の無い悲しみが錯綜する中で、
面会をしました。

病室のマクガレル先生は、ベッドで休まれていましたが、
凛としたお姿で、優しく微笑んでくださいました。
気づいたときは、細くなられた腕を、何度も何度もさすっていました。

お病気が判明した後の、理事長室での面会で涙する私に、
「死は全ての人に訪れます。受け入れることが大切です。
短い長いというよりも、どのように生きるかが最も大切なことです。」
と、述べられました。

教授、学長、理事長となられまた神父としても、
大学に多大な貢献をされ、学生たちをエリザベトスピリッツで
音楽のみでなく人として正しい道へと導いてくださいました。

死をもって、人としての生き方と最後の迎え方を、
自ら示された偉大な私のバーンスタイン、
ローレンス・マクガレル先生、これまで大変お世話になりました。
先生への感謝は、永遠です。
ご復活され、これからも私たちを大きな愛で包んでくださることでしょう。


”角笛を吹いて神を賛美せよ 琴と竪琴を奏でて神を賛美せよ”
                              (詩編150・3)

先生にいただいた言葉として、
音楽へ向かう気持ちを新たに精進していきたいと思います。
未分類コメント 0トラックバック 0
Y's 音楽コーポレーション
見上ハープアカデミー お子様からご年配のかたまで無理なく楽しくレッスン
ハープ愛好家を広げる会「集いの会」
イベント情報
プロフィール

kenjoyuki

Author:kenjoyuki
見上 由紀
見上由紀はハープが奏でる音色、天使の声に魅かれハープの世界に入り込んでいきました。
どうすれば自分の人生でハープを生かせるだろうか。ハープ文化を広め、1人でも多くの人にハープのすばらしい音を聴いてもらいたいという考えから、これまで様々なイベントを行ってきました。
現在では演奏家としての活動の他、有限会社Y’s(ワイズ)音楽コーポレーションの代表として、様々なハープに関わる活動を展開しています。

☆見上由紀 | Y's音楽コーポレーションのオフィシャルサイトはこちら>>

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR