FC2ブログ
2020-07-22(15:36)

オリーブの奇跡

去年、某量販店の生花コーナーで見つけて、お迎えしたオリーブの木があります。
今年も大きく育ったのですが、1本だけのオリーブは実をつけることもないため、かわいそうに思いました。
20072204.jpg
そこで、マンションの入り口にオリーブの木が植わっていることを思い出し、
花が咲いている間、オリーブの鉢植えを置かせてもらいました。
すると、どうでしょう。
20072205.jpg
なんと実をつけたのです!
大きめに実ったのはたったひとつですが、とても嬉しく、愛おしく思います。
来年もまた、今度はたくさん実をつけてもらえるよう、お世話を欠かさないようにします。


その一方で、ブルーベリーの実は、とっても沢山実りました。
20072201.jpg

20072202.jpg

20072203.jpg
6~7月は、梅雨の時期で、今年はコロナの件もあり、とても暗く感じてしまいます。
しかし、先月ご紹介したバラ、アジサイをはじめとして、花を咲かせたり、実をつけたりと、
私のまわりでは華やかな季節だと思います。

また、家の中には、
愛犬ボスくん15歳、愛鳥インコのまことくん2歳、
保護猫のんちゃん約1歳(もうすぐ保護して1年!)がいます。

植物も動物も、毎日毎日、朝夕の世話で大変です。
でも来年もきっと、楽しませてくれることでしょう。
未分類コメント 0トラックバック 0
2020-06-23(15:02)

花のある生活

雨が多く憂鬱な季節になりました。
じめっとした気候が、日頃のストレスを強めている気がします。
しかし、世間はコロナの件もあり、気分転換にお出かけすることもままなりません。

そんな中でも癒してくれるのは、お花です。
近所の方が毎年きれいなアジサイを届けてくれます。
それぞれ色が異なって美しいですね。
ハープやオーケストラをモチーフにした
クリスタルのオブジェと一緒に、玄関に飾っております。
夏らしい様子にしてみました!
20062301.jpg

先月に続いて、バラがとってもきれいに咲きました。
何年も毎朝の世話を欠かさないことは、とても大変なのですが、
世間の騒ぎとは関係なく、咲き誇るバラたちの姿は、
憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれます。
こういった日々の変化を楽しむことも、
今のコロナの状況に対応するために良いのではないかと思います。
20062303.jpg


20062302.jpg 20062304.jpg
20062305.jpg 20062306.jpg
未分類コメント 0トラックバック 0
2020-05-14(14:29)

5月の出来事

新型コロナウイルスの影響で、GWはどこも営業自粛。
せっかくの連休でお出かけも自粛といった方々が、
ほとんどだったのではないでしょうか。
5月6日までとされていた緊急事態宣言も、延長されましたね。

しかし、今日の諮問委員会では、
西村経済再生担当大臣が、東京や大阪など8つの都道府県を除く、
合わせて39県で解除する方針を諮問。
その39県の中には、福岡県も含まれてます。
衆参両院の議院運営委員会での報告と質疑を経て、
今夜開かれる対策本部で正式に決定されると言われています。

緊急事態宣言の解除で、大きく変わることはないかもしれませんが、
有効とされる治療薬の認可も特例とは言え、下りているようです。
5月7日には、米国での緊急的な使用許可が下りたことを受け、
レムデシビルの特例承認を適用することとなりました。
国内の治療薬として知られているアビガンも、
異例の早さである月内の認可を目指しているようですね。
どちらも決して万能ではありませんので、
これからも、より有効な治療薬の開発は進んでいくと思います。
医療に携わっている方々はもちろんですが、
自粛の影響で、経営が立ち行かなくなってしまった会社様も、
ここを何とか乗り切って、少しでも早く平穏が戻るように、
みんなで協力していきましょう。


今年もバラが咲きました。
毎朝1時間くらいかけて、水やりや雑草を取り、殺虫剤と手入れを欠かしません。
世話をするのは辛いのですが、
こういった自粛の世の中のせいか、
不思議と世話をするのも楽しみの一つとなっています。

IMG_20200504_121518.jpg  IMG_20200513_115153.jpg

IMG_20200511_120202.jpg  IMG_20200509_080958.jpg

IMG_20200509_081109.jpg

IMG_20200501_101700.jpg  IMG_20200502_094244.jpg


『こんなところにも幸せが!!』
いつもの水やりの際に気づきました。
なんとシャワーの先の方に、虹が見えるのです!
(慌てて写真に収めました
そしてふと思いましたが、こういった小さな幸せは、
私たちが気づかない、気づきにくいだけで、
いろんなところにあるのだと思います。
暗い世の中だからこそ、身近な幸せを探してみてはいかがでしょうか。
IMG_20200513_114803.jpg
未分類コメント 0トラックバック 0
2020-04-13(13:34)

3月の出来事

コロナの影響で、世間は自粛ムード。
春の心地良い陽気の中でも、お出かけすることもできません。
心なしか、我が家のかわいい家族たちも、
何だか退屈そうです。

4月3日に15歳の誕生日を迎えたボスくん
20041301.jpg

20041302.jpg

元野良猫の、のんちゃん。恐らく1歳くらい?
野良から家ネコの顔つきになってきました。
首輪は食いちぎってしまうので、オシャレができません。
20041303.jpg

20041304.jpg

お馴染みのインコのマコトくん。
20041305.jpg

20041306.jpg

暇な時間は、3匹の家族と遊んでいます。
一日も早く平穏が戻ることを祈っております。


「コロナのマイタイムの過ごし方」

ジャック・ロンドンの「野生の叫び声」。
何度も読み返して、何度も泣きました。
時代はゴールドラッシュのアメリカ。
主人公は、なんと判事が飼っている犬です。
物語は、金鉱脈を目指すために、
とある男に盗まれ集められた犬たちの、苦難の物語なのです。
主人公の誇り高い生き様は、さながら仁侠映画のようであり、
困難な状況におかれても、ただ自分を貫き通す様子は、
青春ドラマのようでもあります。
私たちも、この本の主人公犬のように、
荒浪のように何度も押し寄せてくる、人生の難問に立ち向かい、
ブレない自分を貫き通し、前を向いて生きていきたいと思います。

映画もあり、そちらももちろん観ました。
原作とはまた少し違いましたが、こちらもまた感動しました。
でもやはり、原作は100倍楽しいと思いますので、
原作の本を読んで欲しいと思います!
最後はお話しませんが、主人公が最後に選んだ道に、感動することでしょう。
みなさんのマイタイムに、是非ご一読ください。

未分類コメント 0トラックバック 0
2020-03-09(15:16)

2月の出来事

先日のこと。
かつてのハープの教え子たちが訪ねてきてくれて、大変楽しい時間を過ごしました。

私が長年の念願であった、
「教育の現場にハープを!!」という目標を叶えることが出来たのは、
筑紫女学園の第9代校長である角先生のご理解とご協力があってこそでした。
ハープ同好会の設立に尽力して頂いただけではなく、
個人として、アイリッシュハープを1台寄付していただいたことは、
発足間もなく、学校に用意していただいたハープが4台だけの同好会には、
大変ありがたいことでした。

今では正式なハープ部となり、部員もかなりの人数がいます。
この間も、私のハープコンサートに来場してくれたり、
手伝いまでしてくれました。
ハープ同好会を発足した私のこと。
当時尽力いただいたの校長先生のこと。
一生懸命ついてきてくれた生徒達こと。
当時の発足の経緯などを、今の生徒達は知る由もないでしょう。
辛い経験もありました。
しかし、ハープに初めて触れる生徒たちに、
一生懸命指導した喜びは、私の宝です。
なによりも、こうやって教え子たちが訪ねてきてくれたことこそが、
荒れた畑を耕し種を蒔くようだった執念の活動が、
大きく実を結んだのだと実感しています。


20030901.jpg
未分類コメント 0トラックバック 0
Y's 音楽コーポレーション
見上ハープアカデミー お子様からご年配のかたまで無理なく楽しくレッスン
ハープ愛好家を広げる会「集いの会」
イベント情報
プロフィール

kenjoyuki

Author:kenjoyuki
見上 由紀
見上由紀はハープが奏でる音色、天使の声に魅かれハープの世界に入り込んでいきました。
どうすれば自分の人生でハープを生かせるだろうか。ハープ文化を広め、1人でも多くの人にハープのすばらしい音を聴いてもらいたいという考えから、これまで様々なイベントを行ってきました。
現在では演奏家としての活動の他、有限会社Y’s(ワイズ)音楽コーポレーションの代表として、様々なハープに関わる活動を展開しています。

☆見上由紀 | Y's音楽コーポレーションのオフィシャルサイトはこちら>>

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR